週刊トラベルジャーナル2019年5月20日号に記事が掲載されました。

週刊トラベルジャーナル2019年5月20日号(特集:休み方改革を主導しよう 長時間・過重労働の是正へ)に代表社労士 戸國の記事が2P掲載されました。


https://www.tjnet.co.jp/item/12019


以下トラベルジャーナル社のリンクから抜粋 

【特集】

 *休み方改革を主導しよう

  長時間・過重労働の是正へ


 働き方改革、休み方改革への取り組みが始まり、新たなワークスタイルと旅を連動させた提案が目立ってきた。その一方で、観光業界における改革はむしろ遅れ気味。本来は休み方の手本となってしかるべきだが、果たしてこれでいいのだろうか。


 ▽働き方改革関連法が施行

 ▽休み方改革の本質

  戸國大介(社会保険労務士事務所ライトハウス代表)

 ▽休み方改革への問いかけ

  Theme1 マンパワーをどう補うか

  東良和(沖縄ツーリスト代表取締役会長)

  Theme2 Theme2 マインドをどう変えるか

  宮野浩臣(ジャルパック人事総務部人事総務グループマネジャー〔働き方改革担当〕)

  Theme3 自社に合う制度を築けるか

  小谷彩華(三菱UFJリサーチ&コンサルティング観光戦略室)




0回の閲覧

Copyright © 2018 Light House Labor and Social Security Attorney's office All Rights Reserved.

  • LinkedIn Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon